米Joule社は2012年9月11日、米ニューメキシコ州Hobbsにある最初のデモンストレーション施設「SunSprings」が完成し稼働を開始したと発表した。Joule社はこのプラントにより商業生産に向けたスケールアップ可能性を実証し、藻類由来バイオ燃料や農作物由来バイオ燃料が必要とする土地や投資資本に比べわずかの投資でソーラー燃料が生産できることを証明しようとしている。Joule社はそのユニークなモジュラーシステムがさまざまな規模でインストールされたとしても再現可能な結果が達成できることを示そうとしている。長年バイオ燃料生産の課題となっているスケールアップのコストとリスクの問題を取り除き、短期間で商業生産が可能なことを証明することを目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)