昨日、リトルなでしこU17の女子サッカー日本代表がアゼルバイジャンで開催されるワールドカップに参加するため、飛び立ちました。このチームこそ、同年代で世界最強となる可能性があります。U20代表は3位に終わりましたが、身体の成長曲線がアングロサクソンとそれほど差がないU17はわが国の個人技に富む選手には大いにチャンスがあります。フル代表と最年少の代表でダブル制覇を狙わなくてはなりません。週末は欧州で清武や宇佐見など若き侍達が大活躍しています。サッカーは本当に育成に10数年かかる気の長いスポーツです。なでしこの今があるのも、水面下で10数年にわたる切磋琢磨の成果なのです。パナソニックが、バスケとバトミントン部の閉鎖を検討するなど、製造業の衰退により、企業べったりだったわが国のスポーツは、プロフェッショナル化と地域での支援によるクラブ化へとビジネスモデルの変更を余儀なくされています。Jリーグを創設、いち早く企業スポーツや学校スポーツから脱したサッカー連盟の先見性には頭が下がります。それもこれもサッカーが世界に開かれたスポーツだったからだであると考えます。

 「ふぁーっ」 
 デビスカッププレイオフの戦いを終えた錦織選手のインタビューの第一声は誠に情けないものでしたが、それだけ、心身とも消耗尽くして勝った証拠です。国を背負って戦うデビスカップの熾烈な戦いの証でもあります。残念ながら最終戦を落とし、下部リーグに日本は陥落してしまいましたが、この悔しさをきっと現在、育成中の小学生達がいつか晴らしてくれると願っています。本当の勝利のためには長い長い長い努力を続けなくてはなりません。

 さて、バイオです。

 バイオでも皆さんの長い長い長い努力とご支援によって、国際競争力のあるアジア最大のマッチングイベントへと成長しつつあるBIOJAPAN2012があります。今年は、現在の時点で出展者数:427社(前回比30%増)に登り、マッチングシステムに参加している企業は前回に比べて90%も増大して448社に上りました。今後、マッチング参加社はどんどん増加する見通しです。700社までなんとか増やしたいと望んでいます。

 まだ、ご登録いただいていない読者は是非とも下記よりご登録願います。但し、今回はしっかりと参加料をいただく有料マッチングサイトに変貌しています。米国のBIOのマッチングシステムに比較しても遜色の無いシステムを用意したことに加え、有料化によってより真剣、そして真摯な出会いを実現いたします。

 現在までの登録企業の一部は
●グリーンイノベーション分野
 三菱化学、住友化学、東レ、帝人グループ、花王、デュポン、日揮、日本製紙グループ、 ブリヂストン、味の素、協和発酵バイオ、RITE、産総研バイオリファイナリーセンターなど。
●ライフイノベーション分野については、MSD、ノバルティス、サノフィ、ロッシュ(ビジネス マッチングのみ)、ファイザー(同)、日本イーライリリー(同)等のビッグファーマと日本の 製薬企業、武田、アステラス、第一三共、塩野義、中外、エーザイ(ビジネスマッチング のみ)、大塚製薬(同)、科研製薬(同)、小野薬品(同)、
●ベンチャー、アカデミーアも過去最多の参加社数。
●今後、海外の企業登録も増加する予定。
●最新の参加企業一覧(随時更新)
http://www.ics-expo.jp/biojapan/partnering_list.html

 既に会場での面談の予約メールがネット上で行き交っております。ライフイノベーションとグリーンイノベーションを産業化する企業が皆さんとの出会いを求めています。
 くれぐれも出遅れないように、どうぞ下記よりご登録願います。
http://www.ics-expo.jp/biojapan/index.html

 BIOJAPAN2012は単なる製品の展示会以上のもの。一言で言えば、オープンイノベーションを実現するマッチングの場です。バイオテクノロジーは知識資本主義の最先端を行く産業。実際に取引される最高の価値は、革新的なアイデアであります。大型機械が唸ったり、手で触れる製品がずらりと並ぶ展示会の中心は今やアジアなどの新興国に移行しています。わが国の生き残りはイノベーションが全てです。BIOJAPAN2012は、イノベーションを生む、タレントの出会いを皆さんに提供する次世代のイベントです。勿論、充実したセミナーやシンポジウムも従来通り、無料で提供しています。バイオの今と未来を知りたい読者の方にも是非ともご参加いただきたいと願っております。

 2012年10月10日から12日、パシフィコ横浜でお会いいたしましょう。
http://www.ics-expo.jp/biojapan/index.html

 今週もどうぞお元気で。

             日経バイオテクONLINE Webmaster 宮田 満
ご連絡は、https://bio.nikkeibp.co.jp/inquiry/