スイスEcole Polytechnique Federale de Lausanneの Blue Brain Project(BBP)は、大脳皮質の微小回路を再構成し、哺乳類のサンプルと比較することで、シナプスレベルの結合を決定する重要な原理を発見した。これらの原理を使って大脳新皮質のシナプスの位置を予測することが可能となる。研究成果は9月17日付の「Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)」誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)