大手製薬企業の2012年の上半期の決算が出そろった。海外企業の決算を分析することは重要と考える。国内企業の業績に影響を与える要素が含まれているからだ。例えば、国内企業が販売する製品の競合品である。海外企業の競合品の特許が失効すれば、安価な後発品が発売される。この後発品は先発品ばかりか、国内企業の製品が持っている市場さえも奪うときがある。国内企業に影響を与える海外企業の2012年の上半期の決算について解説する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)