総合科学技術会議は、2012年9月13日、2013年度予算の科学技術重要施策アクションプラン(AP)の対象を発表した。AP対象施策の概算要求総額は約2870億円。ライフイノベーション分野はこの約4分の1の約700億円が指定された。APの対象となった施策は123個で、うち新規施策は21。ライフイノベーションでも新規施策は6個で、他の24個は2012年度からの継続施策だ。同日の大臣有識者会合で、総合科学技術会議の有識者議員からは、対象施策の硬直化を避ける方策が必要であるとの意見が出た。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)