スウェーデンUppsala University、Swedish University of Agricultural Sciencesなどの国際共同研究者から構成されるグループは、2012年9月11日、側対歩を行う能力にとって重要な役割を果たす、ウマの単一遺伝子の変異を発見した。これは速歩競走におけるパフォーマンスに大きな影響を与えると考えられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)