ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy=BNCT)。専門医ですらその存在を知らないことも珍しくない特殊な医療技術が、がん治療の在り方を大きく変えるかもしれない。これまではごく限られた施設でしか実施できなかったBNCTだが、ようやくその普及を可能にする装置の開発にめどが立ってきた。それを主導しているのは日本のプロジェクトである。(訂正)宮武教授の所属を大阪市立大学としていましたが、正しくは大阪医科大学です。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)