米Geron社は、2012年9月10日、中間解析の結果に基づいて、テロメラーゼ阻害薬imetelstat (GRN163L)を転移性のHer2陰性乳がん患者に適用する無作為化フェーズII試験を中止すると発表した。対照群より介入群で、無増悪生存期間(PFS)の中央値が短かったためだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)