東洋紡は、ポリアミンを含有する大豆胚芽由来の化粧品原料「ファイトポリアミン-S」を開発し、エージングケア素材として2012年7月から販売を開始したことを9月4日に発表した。既に国内化粧品メーカーへの採用が決定しており、2017年にはポリアミン原料で年間5億円の売り上げを目指す。「PHYTOPOLYAMINE\ファイトポリアミン」という商標は07年3月16日に登録した(商標登録番号第5032855号)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)