国立精神・神経医療研究センター、アンチセンスのカクテル型療法で成果、筋ジス治療に可能性

(2012.09.10 07:23)1pt
河野修己

 国立精神・神経医療研究センターの神経研究所遺伝子疾患治療研究部の武田伸一部長は2012年9月5日、本誌の取材に応じ、筋ジストロフィーを対象としたアンチセンス治療の研究成果について明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧