日本きのこ学会第16回大会が2012年9月5日から9月6日まで、東京農業大学世田谷キャンパスで開催され、200人以上の参加者が集まっている。原子力発電所の事故による放射性物質の拡散の問題に関連する発表が目立つ。9月5日から6日に行われる一般講演52件のうち5件、ポスター発表41件のうち7件が放射性物質関連の発表だ。9月5日は15時過ぎから、「福島原発事故による放射性物質の汚染を回避したキノコの生産法を探る」をテーマとした市民公開シンポジウムが開催された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)