MSDは2012年9月4日、都内で開催した事業説明会の中で、開発後期にあるパイプラインの説明を行った。この7月に同社のグローバル研究開発本部長に就任した白沢博満副社長(写真)は「(親会社の)米Merck社は十分といえる研究開発投資を継続的に行っている。その成果が、開発後期に幾つものファーストインクラスの候補をそろえるに至っている。今後5年から10年間にこれらの候補が業績に大きく寄与するであろう」と述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)