東洋新薬は、サツマイモの一品種である「すいおう(翠王)」の茎と葉を粉末化した「すいおう(甘藷若葉末)」の血糖値上昇抑制作用を、桑葉末と比べたラット試験の成果を、星薬科大学(東京・品川)で開かれた日本健康科学学会第28回学術大会で、2012年9月1日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)