住友重機械工業は、京都大学原子炉実験所附属粒子線腫瘍学研究センターやステラファーマなどと共同で、加速器型ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の実用化に取り組んでいる。同社はまだ正式には発表していないが、脳腫瘍を対象とした治験計画届を医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出済みで、治験を開始できる状況にある。治験が開始されれば、加速器型BNCTでは世界初の臨床例となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)