米Bayer HealthCare社と米Onyx Pharmaceuticals社は、2012年8月30日、Bayer社が米食品医薬品局(FDA)に、経口マルチキナーゼ阻害薬であるレゴラフェニブ(regorafenib)に関する新薬承認申請を提出したと発表した。適応は、転移性で/または切除不能の消化管間質腫瘍(GIST)で、先に治療を受けたが進行が見られた人々となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)