米ARIAD Pharmaceuticals社は2012年8月30日、BCR-ABL阻害薬ポナチニブ(ponatinib)の市販承認申請(MAA)を欧州医薬品庁(EMA)に提出したと発表した。同社は、チロシンキナーゼ阻害薬に対する抵抗性もしくは不忍容性を示す慢性骨髄性白血病(CML)およびフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病(Ph+ ALL)の成人患者への適応でポナチニブの承認を求めている。このMAA に関して、EMAのヒト用医薬品評価委員会(CHMP)は、ARIAD社が求めていた迅速審査を許可した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)