2012年8月27日から札幌市で開催されている日本食品科学工学会第59回大会で、8月31日に8時50分から17時30分まで2012年度日中食品科学工学研究交流シンポジウムが開催される。テーマは「食品科学工学研究における日中の取り組み」。「2010年秋の交流実績を踏まえて、食品科学工学領域で日本食品科学工学会が中国食品科学技術学会とさらに交流・協力関係を強化しつつある」と、日本食品科学工学会の会長を務めている西成勝好・大阪市立大学大学院特任教授は講演集に記している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)