会員数3000人超の日本食品科学工学会の第59回大会が2012年8月29日、札幌市の藤女子大学で開幕した。会期は8月31日までの3日間。大会会頭は藤女子大学人間生活学部食物栄養学科の池田隆幸教授が務めている。北海道電力の計画停電が8月29日と30日に予定されていたため、計画停電が実施された場合のプログラムも準備したが、29日は計画停電が実施されなかったため、当初予定通りに午前中は功労賞や学会賞、奨励賞、技術賞、日本食品科学工学会誌論文賞、Food Science and Technology Research Awardの授賞式と受賞講演が行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)