100割れ寸前から回復基調にあった日経BP・バイオINDEXは7月中旬以降、120を挟んだ小幅な動きに終始した。この期間には12月期企業の中間決算が発表され説明会も開催されたが、大きな材料にはならなかったようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)