東京理科大学理工学部応用生物科学部の松永幸大准教授と東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻の朽名夏麿助教らは、生物医学画像を自動分類するソフトウエア「カルタ」を開発した。英Nature Communications誌のオンライン速報版で2012年8月28日(英国時間)に公開された。8月27日に都内で開催された記者会見には、責任著者の松永准教授と筆頭著者の朽名助教、それに共著者である国立がん研究センター東病院臨床開発センター機能診断開発部の山口雅之・機能画像室長、東大大学院新領域創成科学研究科の馳澤盛一郎教授の計4人が出席した(写真)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)