慶応義塾大学医学部の家田真樹特任講師、稲川浩平助教、福田恵一教授らは、心筋梗塞モデルマウスの心臓に3つの心筋誘導遺伝子(Gata4、Mef2c、Tbx5)を導入して、梗塞巣の心臓線維芽細胞細胞を心筋細胞に直接転換することに成功した。米Circulation Research誌オンライン版で2012年8月29日に公開された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)