科学技術振興機構が2012年8月27日に新規課題採択を発表した復興促進プログラム(マッチング促進)は選定された56件のうち約半数の27件がバイオ・ライフサイエンス関連の課題となった。支援金額が年1000万円から2000万円のタイプIIは選定36件のうち16件、同200万円から1000万円のタイプIは選定20件のうち11件がバイオ・ライフサイエンス関連だ。2012年度の予算総額は20億3600万円で、支援期間は3年以内(最長で2015年3月まで)。以下にバイオ・ライフサイエンス関連の採択課題を、編集部でまとめた分野別に掲載する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)