2011年の抗がん剤市場は、7000億円で前年同期比4.5%増となった。がんは多様なため、そのがんを治療する抗がん剤の種類も多い。抗がん剤の中で、抗がん剤市場をけん引するグループが、がんに関与する分子を標的とする分子標的薬である。分子標的薬は08年には前年から56%増、500億円も増加し、08年から2011年まで毎年2桁の成長を見せている。2011年は13.6%増加してその市場は2557億円となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)