米California大学San Francisco校と米Mayo Clinicの研究者たちが、ある種の脳腫瘍のリスクを上昇させる一塩基多型(SNP)を同定した。この多型はマイクロRNAをコードする領域に存在すると考えられた。詳細はNature Genetics誌電子版に、2012年8月26日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)