三菱重工業は、筑波大学高エネルギー加速器研究機構、日本原子力研究開発機構と共同で、加速器型ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の研究開発に取り組んでいる。同社先端機器事業推進部の池田直昭部長代理(写真左)、中村博人部長代理に、プロジェクトの現状などについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)