アイスランドdeCODE Genetics社は2012年8月22日、子供が生まれた時の父親の年齢が、子孫に遺伝する遺伝子変異の伝達に対する最大の要因であるとの研究成果を発表した。同研究はdeCODE Genetics社が米Illumina社と共同で行ったもので、同日付のNature誌に論文が掲載された。今回の発見は、疾患とまれな遺伝子多型との関連性を分析するための過去最大の全ゲノムシーケンスからもたらされた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)