米国立衛生研究所(NIH)は2012年8月22日、昨年、NIH臨床センターで発生した抗生物質耐性細菌による院内感染の際に、同センターが米国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)と協力し、ゲノム解読を用いた感染管理を行った事例についての報告を発表した。報告はScience Translational Medicine誌の2012年8月22日号電子版速報に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)