東京大学先端技術研究センター(RCAST)の井原茂男特任教授と大田佳宏特任助教らは、真核生物における遺伝子の転写過程の新たな数理モデルを構築した。ヒトを含む真核生物の転写ファクトリーが形成する過程に関する最新の実験結果を説明できる世界で初のモデルという。米物理学会のジャーナルであるPhysical Review E誌に2012年8月20日の週に発表した。東大大学院数理科学研究科の時宏哲治教授、シンガポールGenome Institute of SingaporeのYijun Ruan教授との共同研究の成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)