バイオ燃料の有望な供給源とされる藻類は、遺伝子組み換え対象として優先的に検討されている。2012年8月20日、2人の著名な生態学者が、バイオ燃料用遺伝子組み換え藻類の培養に伴う環境リスクについての研究を実施するべきだとする論文を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)