米Myriad Genetics社は、2012年8月16日、連邦巡回区控訴裁判所が、特許法セクション101に基づいて、同社が主張しているBRCA1とBRCA2遺伝子のDNAを単離したものには特許性があり、組成物特許の対象になるとの判断を示したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)