米Fulcrum Bioenergy社は2012年8月6日、Fulcrum社が計画しているSierra BioFuels Plantの建設プロジェクトに対して米農務省(USDA)より1億500万ドルの条件付き借り入れ保証が認められたと発表した。借り入れ保証手続きが終了すれば、Fulcrum社は銀行からの融資を確定させ、投資家からの出資金も組み入れて、都市ごみから再生可能な輸送用燃料を生産する施設(waste-to-fuel plant)の建設に充てる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)