米Cobalt Technologies社は2012年8月1日、ベルギーSolvayグループのメンバーであるフランスRhodia社とブラジルにおいてバイオn-ブタノールのデモンストレーション施設を共同で開発し運用すると発表した。両社にとって今回の合意は、ラテンアメリカにおいてブラジルのサトウキビバガスや他の地元非食用系原料をCobalt社技術を活用してバイオn-ブタノールに変換する商業規模のバイオリファイナリー建設に向けたステップとなる。ブタノールは、塗料、接着剤、インク、溶剤など工業用化学品として広く使用されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)