米Duke Cancer Instituteの医師によると、血液中に含まれる一般的な酵素によって、後期の腎臓がん患者への治療の予後を予測できるかもしれない。2012年8月13日付のJournal of Clinical Oncology誌に掲載された論文によると、今回の発見は、後期の腎臓がん患者にとっての最適な治療法を見極めるための、初めての血液検査となる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)