米Stanford大学は2012年7月24日、米Pennsylvania州立大学との合同研究チームが微生物を使って再生可能電気をカーボンニュートラルなメタンに変換するというアプローチにより、再生可能エネルギー源として「クリーン」なメタンガスを生産しようとしていると発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)