ドイツEvonik Industries社は2012年7月24日、触媒ビジネス部門が米BioAmber社と長期間共同でバイオコハク酸からBDO(1,4-ブタンジオール)、THF(テトラヒドロフラン)およびGBL(ガンマ-ブチロラクトン)を生産する触媒の開発と製造を行うため契約を締結したと発表した(関連記事1)。BDO、THFおよびGBLは、ポリマー、塗料、接着剤、溶剤など広範囲の用途で大量に使用される工業用化学品で、現在は石油化学品から作られているが、これら化学品の世界市場は40億ドルの規模となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)