東北大学大学院医学系研究科医化学分野の田口恵子助教と山本雅之教授らは、東京都医学総合研究所の小松雅明副参事研究員の研究グループとともに、活性酸素種や毒物などのセンサー分子であるKeap1たんぱく質がオートファジー機構により分解されていることを発見した。米科学アカデミー紀要(PNAS誌)に成果を発表することが2012年8月7日4時に報道解禁になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)