胎生期生活習慣病発症仮説と訳されるDevelopmental Origin of Health and Diesease(DOHaD)の日本の研究会である日本DOHaD研究会の第1回年会が2012年8月4日に国立保健医療科学院(埼玉県和光市)で開催され、約100人が集まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)