食品安全委員会は「高濃度にジアシルグリセロールを含む食品に関するワーキンググループ」の第5回を2012年8月9日に公開で開催することを8月2日に発表した。座長は、7月に食品安全委員会の委員(委員長代理)に着任した山添康氏が引き続き務める。高濃度のジアシルグリセロール(DAG)を含む食品とは、花王がかつて、体脂肪対策の特定保健用食品(トクホ)として商品化していた食用油「エコナ」を指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)