「KAWASAKI」ブランドの自動二輪車で世界中にその名前を知られる川崎重工業。その事業領域は、船舶や航空機、鉄道車両、精密機器、プラントなど多岐にわたっている。2011年度の売上高は1兆3037億円、営業利益は574億円。日本を代表する大企業だ。その川崎重工が今、医療機器分野への参入に取り組んでいる。狙っているのは、今後、世界的な成長が期待される再生・細胞医療である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)