生化学工業が開発した関節機能改善剤「Gel-One」が、2011年3月に米国で承認された。同社にとって米国での承認は10年ぶりだ。「これで新しい成長の柱ができる」、そんな期待もつかの間、翌月には米Genzyme社がGel-Oneに対する特許侵害訴訟を提起した。当初は2012年1月のメディケアの保険償還取得後に米Zimmer社を通じて本格的な販売を開始する予定だったが、この影響で今も販売は限定的にとどまっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)