2013年度の通常国会に提出される予定の改正薬事法案では、これまで医薬品か医療機器として取り扱われてきた再生医療が別立てのカテゴリーとして独立することになる。改正案策定に携わっている厚生労働省職員が本誌の取材にコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)