米Osiris Therapeutics社の幹細胞治療薬「Prochymal」が、小児における急性移植片対宿主病(GVHD)の治療薬として2012年5月17日、カナダで承認された。幹細胞を用いた治療薬が承認されたというだけではなく、GVHDに対する初の治療薬としても注目を集めた。Osiris社はこれまで、GVHDを適応とする2本のフェーズIIIを実施したが、いずれも主要評価項目を達成できず失敗したと考えられていた。そのため、今回の承認はかなりの驚きを持って報道された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)