京都大学iPS細胞研究所の井上治久准教授らの研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者の細胞から作製したヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)からALSの疾患モデルを構築し、治療薬候補になりそうな化合物を発見した。2012年8月1日にScience Translational Medicine誌オンライン版に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)