厚生労働省は先進医療と高度医療の制度を一本化するために、医政局長、保険局長、医薬食品局長の連名の通知を7月中にも発出する。従来、保険外の医療行為を保険との併用で実施する場合、未承認の医薬品・医療機器を使う場合は高度医療、使わないで新しい医療技術として実施する場合は先進医療と、似て非なる制度で運用してきたが、制度が複雑で効率的でないなどの問題があったことから、両制度を一本化することになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)