大阪府立大学大学院工学研究科の河野健司教授は2012年7月26日に開催された第28回近畿バイオインダストリー振興会議・技術シーズ公開会で、機能性リポソーム、特に、細胞内デリバリーシステムとしての優れた性能を有する高感度型pH応答性リポソームについて、その抗原デリバリーワクチンとしての応用を中心に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)