英John Innes Centre(JIC)は2012年7月15日、穀物と窒素固定細菌が共生関係を確立することが可能かどうかを探求する5年間の研究プロジェクトを開始したと発表した。共生により穀物類が大気中の窒素にアクセスでき生産性が改善されることが期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)