米Harvard大学は2012年7月16日、School of Engineering and Applied Sciences(SEAS)環境微生物学の研究者を中心とする研究チームが、汚染水に繁殖する子嚢菌類(Ascomycete fungus)が無性生殖中に環境浄化に重要な酸化マンガンを作り出すことを発見したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)