英Oxford Gene Technology(OGT)社は2012年7月24日、同社の次世代シーケンスサービスチームが、総額300万ユーロに上る、臨床研究推進のための2つの欧州連合(EU)研究資金を獲得したと発表した。OGT社は、この2つの主要な国際共同研究であるEUCLIDS(EU致死的な感染症研究)およびPATHSEEKに対して、遺伝子分析および実用化を提供する。OGT社は、ロンドンのImperial CollegeのMichael Levin教授が率いる、6カ国14の研究所で構成される国際コンソーシアムの1組織である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)