米Pacific Biosciences社とドイツのimec社は2012年7月23日、高度並行単分子遺伝子分析のための高性能のマイクロチップの開発で、複数年にわたる提携で合意したと発表した。今回の研究開発プロジェクトは、米Pacific Biosciences of California社が独自に開発したゼロ・モードの波長ガイド(ZMW)技術と、imec社が持つ世界最先端のナノフォト二クス技術であるCMOSセンサー技術を基に進められる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)