米University of Rochester Medical Center(URMC)の研究者らは、前立腺がんのスクリーニングのためのPSA検診を無くせば、転移性がんと診断される患者数の上昇を引き起こす可能性があることを示した。研究成果は2012年7月30日にCancer誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)